月別アーカイブ: 2019年8月

8月3日こども海ごみ探偵団舞鶴湾岸調査実施報告!

2019年度8月3日、こども海ごみ探偵団は舞鶴市野原の岬付近の海岸まで
船で移動し海ごみの回収と調査を行いました。

船でしか行けない海岸なので、そのほとんどが漂着ごみです。

こども海ごみ探偵団の団員は約40分ほどかけて
その他ごみ:緑色のごみ袋(45リットル)に43袋
ペットボトル・缶・ビン:白色のごみ袋(45リットル)に37袋

合計で80袋もの海ごみを回収しました。

また、袋に入りきらない大型の漂着ごみも回収し、
調査後の海岸をキレイにしてきました。

回収した80袋の海ごみの中から、調査対象として緑袋10袋・白袋3袋を選び、
海ごみの種類を調べていきます。

調査の結果は以下の通りです。

飲料用ペットボトルが非常に多い事が分かります。
また、プラスチックや発泡スチロールの破片も多くみられました。

国内の漂着ごみに加えて、近隣諸国からの漂着ごみの他、
漁業から出るごみがとても多い事がわかりました。

内陸に住む、こども海ごみ探偵団の団員たちにとって
普段、テレビのニュースでしか知らない
海洋プラスチック汚染の現状を肌で感じる事が出来ました。

回収・調査前の海岸に打ち上げられた海ごみです。


回収・調査終了後出来るだけキレイにして海岸をあとにします。

回収された海ごみを地元の方に託します。

調査終了後は、地元の方達のご協力で、
魚のつかみ取りをしたり、カレーを美味しく頂いたり
今年も楽しい思い出を作り清掃活動や調査を行うことができました。


海の中の魚を素手で捕まえます。

こども海ごみ探偵団の海岸での清掃・調査活動は、
子ども達が毎年楽しみにしている人気の事業です。

来年度も6月中旬に団員募集を行います。
こども海ごみ探偵団をどうぞよろしくお願いいたします!

こども海ごみ探偵団の事業は「瀬戸内オリーブ基金」の助成を受けて実施しています。
今年度は日本財団が主催する「海と日本プロジェクト」との連携事業として実施しました。